かたまり

この二日間、中学時代から今までの写真プリントを一枚一枚見て「捨てる」「捨てない」で仕分けしている。

もう疲れた。何枚あるんだ。何万枚?何十万枚?何百万枚?

1日ずっと雨が降ってる。なぜ大切な写真を捨ててしまうのかというと、私はこれから一生、引越しの度に写真のかたまり(写真って束になると重くて大きい)と移動するのかと考えるとうんざりするからです。

しかし今まで絶対に捨てられなかったものが、どんどん手放せるようになってきて不思議。あれだけ心の支えだったものが、今はなくても平気になるんだな。友達の子どもがすぐ大きくなるなーと思ってたけど、ちゃんとまだ自分も変化してるんだな。

でもやっぱり亡くなった人が写っていると、どんな写真でも捨てられない。自分が100歳になったときに、亡くなった友人を想って今日写真を捨てたことをものすごい後悔するのかもしれないな。

100歳の私、ネガはあるからがんばってプリントして!(ネガはものすごい量あるけど捨てられない、と、今は思っている)

Recent Posts
Search By Tags

Copyright © HiromiShinada / 品田裕美 all rights reserved

 

  • w-facebook
  • w-flickr