調味料

12月の終わり、友人たちが2日にわたって古本市を開催していて、2日とも行ってきました。すごく近所だったからうれしくて2日とも行ってしまった。1週間やってくれたら1週間行っただろうな。

そこに出店していたイラストレーターの木下ようすけくん(通称 きのぴー)に「調味料似顔絵」を書いてもらいました。友人歴はかなり長いけれど書いてもらうのは初。書くの見られるだけで大変だろうに、写真まで撮られるきのぴー。職人っぽく撮れたよ。

この日は寒くて指先まで冷えていたはず。

「調味料似顔絵」には、その人の雰囲気をきのぴーが調味料に例えてくれるという醍醐味があります。わたし、どんな味なんだろ、と思いながら見届ける。わくわく。

完成。カメラも描いてくれたーー!最高。そして黒七味!!!好き。毎日かけてる。うれしい。それにしてもステキな線をひくなぁ。写真は狩りみたいに一瞬をしとめに行く作業なのだけれど、絵を描く人はどんな気持ちの中で線を重ねるんだろうなと想像しながら見てしまった。無心なのかもな。

なんか当たり前にともだちでいてくれてありがとうーってなる。これを飾るかっこいい額を探しに行きます。

Recent Posts
Search By Tags